iPhoneXの焼き付き予防とiPhone修理

iPhone Xに買い替えた人は、その画面のキレイさに感動する人も多いのではないでしょうか?
実はiPhone Xでは、有機ELディスプレイを採用しています。
有機ELディスプレイは、iPhoneが従来採用していたIPS液晶と比較して、薄くて軽く、低消費なのが特徴です。
しかしながら、メリットばかりと喜んで使用していると、思わぬ落とし穴が待っています。

それはiPhone Xが、長時間同一の映像を表示し続けると画面を焼き付いてしまいます。
画面が焼き付くと言われても、ピンとこない人もいるかもしれません。
ですが画面が焼き付くと、画像の一部が残像として残ったり、
全体的に画面が黄色くなってしまったりしてしまいます。
正直この状態では、画面がキレイどころか、見えづらい、iPhoneが使いづらい状態だと言えます。

なので、焼きつきが原因でiPhone修理に依頼する人も、決して少なくありません。
ではiPhone Xで、焼き付きを防ぐために、普段からして欲しい事を紹介します。

まず焼き付きを予防するためには、
iPhoneを使用しない時には小まめに電源をオフして、ロックする事が効果的です。
しかしそれだと不便なので、自動ロックの時間を短く設定しておく事をお勧めします。

自動ロックの時間設定は、30秒~5分の中から選ぶ事が可能なので、30秒に設定して下さい。
自動ロックをする事で、焼き付きが発生するリスクを抑えられる上に、
バッテリーの消耗を抑える事も出来るので、一石二鳥だと言えます。
また設定変更で予防する方法は、明るさの自動調節機能でも有効です。

必要な時以外は、ディスプレイの明るさを抑える事が出来るので、焼き付きの予防になります。

他にもiPhone Xの焼き付きを予防する方法があります。
iPhoneのメーカーであるAppleでは、焼き付きを防ぐ対策として、
iOSに最新のディスプレイ制御技術を施しています。
そのため最新のiOSに更新するようにして下さい。

あとは、利用するアプリの選択にも注意が必要です。
常に同じ画面が表示されるアプリを長時間利用し続ける行為は、
非常に焼き付きを起こしやすいと言えるからです。

ただ、これだけ予防をしていても、焼け着けを100%防ぐ事が出来ません。
もし焼き付きが発生してしまった場合、その焼き付きは一時的な可能性もあります。
そのためiPhone修理に出す前に、一度iPhone Xの電源を切り、しばらく静置して下さい。

しばらく静置した後に、電源を入れても画面の調子が悪いままで、
元に戻らない場合は、一時的な焼き付きではありません。
この場合はもうディスプレイを修理してもらわないと治らない状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA