iPhone修理の3つの方法

iPhone修理をしてもらう場合、修理の出し方は、大きく分類すると3つの方法があります。
3つの方法とは、店頭修理、郵送修理、出張修理です。
では、それぞれの方法について紹介していきます。

まず正規店では、出張修理は行っていないので、店頭修理と郵送修理から選ぶ事になります。
店頭修理の場合は、事前にサイトから予約を行う必要があり、予約にはApple IDが必要となります。
なので、いざという時のために購入時に、Apple IDは、なくさないようにして下さい。

正規店が自宅の近くに存在しないという場合は、郵送修理が便利です。
郵送修理を利用するのは、不安という場合でも、正規店なら安心感がありますよね。
しかし郵送なので、1週間程度修理が完了するまでに、時間がかかってしまいます。

ちなみに、iPhone修理が即日で治らない場合、代替機を借りる事は可能なのでしょうか?
Apple Storeの場合は、代替機の在庫があれば、借りる事が可能です。
正規店の場合は、無償修理の場合は、代替機を借りる事が可能となっています。

無償修理に該当するケースとは、iPhoneの保証期間内で、
画面割れや水濡れなどの損傷がないのに、故障した場合です。

また正規店で代替機が借りられない場合でも、携帯キャリアで代替機が借りられる可能性があります。
代替機を借りなくても、同じキャリアで機種変更する前に
使っていたiPhoneが手元に残っている場合は、その旧iPhoneを修理期間中に使用する事も可能です。
SIMカードを入れ替えれば、旧iPhoneでネットも電話も利用する事が出来ます。

実は、AppleCare+に加入している場合は、
iPhoneエクスプレス交換サービスを利用する事が可能です。
故障したiPhoneと同じ新品の機種と交換してもらえるサービスです。
このサービスに申込みをすると、交換機が宅配便で届き、その時に故障したiPhoneを渡します。
気になる料金は、なんと保証対象内の故障であれば、無料で新品と交換してもらう事が可能です。

なので、保証対象内であれば、郵送修理を利用して代替機を使用するよりも、
iPhoneエクスプレス交換サービスを利用した方がより利便性が高く、しかもお得だと言えるのではないでしょうか?

iPhoneのガラス破損や故障に即日対応可能なリペア本舗横浜店 http://repairhonpo.com/shoplist/yokohama/

非正規店の場合は、店舗によって店頭修理、郵送修理、出張修理の中から選ぶ事が可能です。
出張修理専門店であれば、店舗を持たない事で経費削減をする事が出来るので、出張費は発生しません。
店頭修理と同額程度で修理を行ってくれます。

出張修理は、簡単な修理であれば、その場で治してくれますが、
水没などの時間がかかる修理であれば、iPhoneを持ち帰って修理を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA