iPhone修理に出す前にやっておく事

iPhone修理に出す前に、やっておく事を紹介します。
まず、正規店の場合は初期化されるので、データは全て失われる事になります。
また非正規店の場合は、故障している部品だけを交換するので、データが残る可能性が高いと言われています。

ですがそれでも修理に出した以上は、データが失われる可能性はゼロではありません。
なので、正規店でも非正規店でも、修理に出す前には、必ずデータのバックアップを取る事をお勧めします。

iPhoneのバックアップの方法は、iCloudやiTunesを利用すると、簡単に行う事が可能です。
iCloudとiTunesのバックアップは、何が違うの?
そう思う人もいるかもしれません。

iCloudの場合は、バックアップはiCloudに保管されるため、
どこからでもバックアップを作成使用する事が可能です。
最大で2TB分のバックアップをする事が出来、最初の5GBは無料となっています。
予備のバックアップが必要という場合はiCloudがお勧めです。

ただし、注意点としては、iCloudでバックアップを行うと、
通信費と時間がすごくかかってしまう可能性があります。
なので、Wi-Fi環境でバックアップを行うようにして下さい。

iTunesの場合は、バックアップはパソコンに保管されるので、バッ
クアップ出来る容量は、パソコンの空き容量によって決まります。
パソコンに保管するため、パソコンでバックアップを作成使用する事が可能です。

iTunesでバックアップする時は、必ずiPhoneのバックアップの暗号化にチェックを入れて下さい。
なぜかというと、暗号化にチェックを入れる事で、LINEのトークの履歴なども復元可能になるからです。

あとiPhone修理に出す場合には、バックアップを取る以外にも、
必ずiCloudのiPhoneを探す機能をオフにしておきましょう。

iPhoneを探す機能とは、iPhoneを紛失した時に、自分のiPhoneが今どこにあるのか調べる事が出来る便利な機能です。
ですが普段iPhoneをなくさないという人であれば、あまりこの機能を意識した事はないかもしれません。
ですがこの機能がオンになった状態だと、iPhone修理が出来ないケースがあります。

そのため必ず修理に出す時には、iPhoneを探す機能をオフにする事を忘れないで下さい。
機能をオフにする方法は、iCloudの中のiPhoneを探す項目の隣のバーをスライドさせるとオフになります。

この時、Apple IDのパスワードを聞かれます。
Apple IDのパスワードが分からないという人は、MYApple IDで変更をするか、コールセンターに電話して下さい。

あと、iPhoneの故障で画面が動かない、電源がつかない状況になる事もあります。
そんな時に慌てないように、バックアップは日頃から、小まめにとっておきましょう。
iPhoneを探すに関しては、オフ出来ない場合は、Appleサポートに電話すると、対処法を教えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA