iPhone修理の非正規店が多い理由

街を歩いていたら、「iPhone修理」のお店を見かけた経験がある人もいるのではないでしょうか?
確かにiPhone修理を行っている店舗は、全国で1700店舗以上存在すると言われています。
そのため街で見かける事自体は、珍しい事ではありません。

しかしながらiPhone以外のスマホの修理店は見かけないのに、
なぜiPhone修理店ばかり存在するのか不思議に思った事はないですか?

iPhoneだけ壊れやすいの?そんなふうにiPhoneを購入する事が不安になる人もいるかもしれません。
ですが実はiPhone修理店だけ多い理由は、メーカーのAppleにあります。

通常iPhone以外のスマホが故障した場合、故障したスマホを携帯キャリアショップへ持っていきます。
そうすると携帯キャリアショップ経由で、端末メーカーや下請けで修理されて、
治った状態で顧客の手元に戻ってきます。

対してiPhoneの場合のみ、携帯キャリアでは、修理の受付を行っていません。
もちろんそのiPhoneは、携帯キャリアショップで購入したものです。
理不尽だと思う人も多いでしょう。

ですが携帯キャリアショップが悪い訳ではなく、メーカーであるAppleが修理出来るお店を限定しているからです。

正規店で修理してもらえるのは、Apple StoreとAppleの正規サービスプロバイダーのお店のみです。
Apple Storeは、全国にわずか4店舗、正規サービスプロバイダーで全国に100店舗と数が少ないのが現状です。
iPhoneユーザーの数を考慮したら、明らかに正規の修理店の数が不足しています。

その結果、正規店はいつ訪れても店内は人で溢れ、とにかく予約をしていても待ち時間が長くなってしまいます。
そして正規店が自宅近くにないと、郵送修理という形になってしまいます。

郵送修理は、時間がかかってしまうため、iPhone利用者の多くが故障の際に、非正規修理店を利用します。

その結果、iPhoneの非正規修理店が、街中に溢れているという訳です。
こうなってくると、一概にiPhone修理の非正規店が悪いとは言えない状況です。

実は少しややこしいのですが、iPhoneの非正規店であっても、
総務省の第三者修理登録業者の方がより安心感があります。
Appleが認めていないのに、国が認めているの?と不思議に思うかもしれません。
ですが修理業者として、国から認可を受けている事は重要な事だと言えます。

現在第三者修理登録業者は、全国で160店舗存在しています。
では第三者修理登録業者であるメリットは何かというと、
電波関連部分に触れていないと保証が出来る点です。

iPhoneを修理するという事は、盗聴や不法無線を予防するために、
修理をする際に電波関連部分には触れてはいけないという法律があります。
国に認可されているため、修理方法は総務省に提出する必要があるため、電波法はキチンと守られています。

対して第三者修理登録事業者以外の非正規店に関しては、
お店が修理の際に電波関連部分に触れていないという保証はどこにもありません。
つまり国の認可の有無によって、同じ非正規店であっても安全性が全く違ってきます。

iPhoneXの焼き付き予防とiPhone修理

iPhone Xに買い替えた人は、その画面のキレイさに感動する人も多いのではないでしょうか?
実はiPhone Xでは、有機ELディスプレイを採用しています。
有機ELディスプレイは、iPhoneが従来採用していたIPS液晶と比較して、薄くて軽く、低消費なのが特徴です。
しかしながら、メリットばかりと喜んで使用していると、思わぬ落とし穴が待っています。

それはiPhone Xが、長時間同一の映像を表示し続けると画面を焼き付いてしまいます。
画面が焼き付くと言われても、ピンとこない人もいるかもしれません。
ですが画面が焼き付くと、画像の一部が残像として残ったり、
全体的に画面が黄色くなってしまったりしてしまいます。
正直この状態では、画面がキレイどころか、見えづらい、iPhoneが使いづらい状態だと言えます。

なので、焼きつきが原因でiPhone修理に依頼する人も、決して少なくありません。
ではiPhone Xで、焼き付きを防ぐために、普段からして欲しい事を紹介します。

まず焼き付きを予防するためには、
iPhoneを使用しない時には小まめに電源をオフして、ロックする事が効果的です。
しかしそれだと不便なので、自動ロックの時間を短く設定しておく事をお勧めします。

自動ロックの時間設定は、30秒~5分の中から選ぶ事が可能なので、30秒に設定して下さい。
自動ロックをする事で、焼き付きが発生するリスクを抑えられる上に、
バッテリーの消耗を抑える事も出来るので、一石二鳥だと言えます。
また設定変更で予防する方法は、明るさの自動調節機能でも有効です。

必要な時以外は、ディスプレイの明るさを抑える事が出来るので、焼き付きの予防になります。

他にもiPhone Xの焼き付きを予防する方法があります。
iPhoneのメーカーであるAppleでは、焼き付きを防ぐ対策として、
iOSに最新のディスプレイ制御技術を施しています。
そのため最新のiOSに更新するようにして下さい。

あとは、利用するアプリの選択にも注意が必要です。
常に同じ画面が表示されるアプリを長時間利用し続ける行為は、
非常に焼き付きを起こしやすいと言えるからです。

ただ、これだけ予防をしていても、焼け着けを100%防ぐ事が出来ません。
もし焼き付きが発生してしまった場合、その焼き付きは一時的な可能性もあります。
そのためiPhone修理に出す前に、一度iPhone Xの電源を切り、しばらく静置して下さい。

しばらく静置した後に、電源を入れても画面の調子が悪いままで、
元に戻らない場合は、一時的な焼き付きではありません。
この場合はもうディスプレイを修理してもらわないと治らない状態です。

iPhone修理に出す前にやっておく事

iPhone修理に出す前に、やっておく事を紹介します。
まず、正規店の場合は初期化されるので、データは全て失われる事になります。
また非正規店の場合は、故障している部品だけを交換するので、データが残る可能性が高いと言われています。

ですがそれでも修理に出した以上は、データが失われる可能性はゼロではありません。
なので、正規店でも非正規店でも、修理に出す前には、必ずデータのバックアップを取る事をお勧めします。

iPhoneのバックアップの方法は、iCloudやiTunesを利用すると、簡単に行う事が可能です。
iCloudとiTunesのバックアップは、何が違うの?
そう思う人もいるかもしれません。

iCloudの場合は、バックアップはiCloudに保管されるため、
どこからでもバックアップを作成使用する事が可能です。
最大で2TB分のバックアップをする事が出来、最初の5GBは無料となっています。
予備のバックアップが必要という場合はiCloudがお勧めです。

ただし、注意点としては、iCloudでバックアップを行うと、
通信費と時間がすごくかかってしまう可能性があります。
なので、Wi-Fi環境でバックアップを行うようにして下さい。

iTunesの場合は、バックアップはパソコンに保管されるので、バッ
クアップ出来る容量は、パソコンの空き容量によって決まります。
パソコンに保管するため、パソコンでバックアップを作成使用する事が可能です。

iTunesでバックアップする時は、必ずiPhoneのバックアップの暗号化にチェックを入れて下さい。
なぜかというと、暗号化にチェックを入れる事で、LINEのトークの履歴なども復元可能になるからです。

あとiPhone修理に出す場合には、バックアップを取る以外にも、
必ずiCloudのiPhoneを探す機能をオフにしておきましょう。

iPhoneを探す機能とは、iPhoneを紛失した時に、自分のiPhoneが今どこにあるのか調べる事が出来る便利な機能です。
ですが普段iPhoneをなくさないという人であれば、あまりこの機能を意識した事はないかもしれません。
ですがこの機能がオンになった状態だと、iPhone修理が出来ないケースがあります。

そのため必ず修理に出す時には、iPhoneを探す機能をオフにする事を忘れないで下さい。
機能をオフにする方法は、iCloudの中のiPhoneを探す項目の隣のバーをスライドさせるとオフになります。

この時、Apple IDのパスワードを聞かれます。
Apple IDのパスワードが分からないという人は、MYApple IDで変更をするか、コールセンターに電話して下さい。

あと、iPhoneの故障で画面が動かない、電源がつかない状況になる事もあります。
そんな時に慌てないように、バックアップは日頃から、小まめにとっておきましょう。
iPhoneを探すに関しては、オフ出来ない場合は、Appleサポートに電話すると、対処法を教えてくれます。

iPhone修理の3つの方法

iPhone修理をしてもらう場合、修理の出し方は、大きく分類すると3つの方法があります。
3つの方法とは、店頭修理、郵送修理、出張修理です。
では、それぞれの方法について紹介していきます。

まず正規店では、出張修理は行っていないので、店頭修理と郵送修理から選ぶ事になります。
店頭修理の場合は、事前にサイトから予約を行う必要があり、予約にはApple IDが必要となります。
なので、いざという時のために購入時に、Apple IDは、なくさないようにして下さい。

正規店が自宅の近くに存在しないという場合は、郵送修理が便利です。
郵送修理を利用するのは、不安という場合でも、正規店なら安心感がありますよね。
しかし郵送なので、1週間程度修理が完了するまでに、時間がかかってしまいます。

ちなみに、iPhone修理が即日で治らない場合、代替機を借りる事は可能なのでしょうか?
Apple Storeの場合は、代替機の在庫があれば、借りる事が可能です。
正規店の場合は、無償修理の場合は、代替機を借りる事が可能となっています。

無償修理に該当するケースとは、iPhoneの保証期間内で、
画面割れや水濡れなどの損傷がないのに、故障した場合です。

また正規店で代替機が借りられない場合でも、携帯キャリアで代替機が借りられる可能性があります。
代替機を借りなくても、同じキャリアで機種変更する前に
使っていたiPhoneが手元に残っている場合は、その旧iPhoneを修理期間中に使用する事も可能です。
SIMカードを入れ替えれば、旧iPhoneでネットも電話も利用する事が出来ます。

実は、AppleCare+に加入している場合は、
iPhoneエクスプレス交換サービスを利用する事が可能です。
故障したiPhoneと同じ新品の機種と交換してもらえるサービスです。
このサービスに申込みをすると、交換機が宅配便で届き、その時に故障したiPhoneを渡します。
気になる料金は、なんと保証対象内の故障であれば、無料で新品と交換してもらう事が可能です。

なので、保証対象内であれば、郵送修理を利用して代替機を使用するよりも、
iPhoneエクスプレス交換サービスを利用した方がより利便性が高く、しかもお得だと言えるのではないでしょうか?

iPhoneのガラス破損や故障に即日対応可能なリペア本舗横浜店 http://repairhonpo.com/shoplist/yokohama/

非正規店の場合は、店舗によって店頭修理、郵送修理、出張修理の中から選ぶ事が可能です。
出張修理専門店であれば、店舗を持たない事で経費削減をする事が出来るので、出張費は発生しません。
店頭修理と同額程度で修理を行ってくれます。

出張修理は、簡単な修理であれば、その場で治してくれますが、
水没などの時間がかかる修理であれば、iPhoneを持ち帰って修理を行います。

iPhone修理料金とiPhoneの本体価格

iPhoneを買い換えると言っても、決して安い買い物ではありませんよね。
修理をした方が安くつくのか、買い換えた方が安くつくのかは、ケースバイケースです。
そしてiPhone修理では、修理する方法によっても、修理料金が変わってきます。

なので、iPhone修理の料金について紹介します。
まずiPhone修理の料金は、あなたが所有している機種によっても異なってきます。

そのためiPhone6を所有しているケースで、修理料金を紹介していきます。
故障内容がフロントガラスの割れの場合、AppleCare+に加入していて、
正規店で修理する場合は、修理料金に7800円、初期登録料に12800円かかるので、総額は20600円かかります。

非正規店の場合だと、15000円程度、自分で部品を購入して自己修理する場合であれば、10000円前後となります。

次にバッテリー交換の場合は、正規店でAppleCare+に加入している場合は、修理料金は無料です。
非正規店だと6000~7000円程度、自己修理だと4000円前後となります。

もっともiPhone修理で、料金が高くなるのは水没修理です。
そして水没の場合は、正規店のAppleCare+では、保証の対象外となってしまうため修理料金が割高になってしまいます。
そのため3~4万円程度かかる可能性があり、使用年数によっては、買い換えた方がお得になるかもしれません。

非正規店だと1万円前後、そして水没の場合は自己修理が出来ないと考えておいた方がいいでしょう。

ちなみにアフターフォローサービスに関しては、
正規店の場合は最低でも、修理後90日間は無料で再修理に応じてくれます。
非正規店の場合は、店舗によって保証期間は異なります。
ですが正規店と同様に、90日以内は無料で再修理に応じてくれる店舗がほとんどです。

自己修理の場合は、当然全て自己責任です。
修理前よりもiPhoneの調子が悪くなったとしても、何の保証もありません。
修理のために取り寄せた部品に関しても、一度使用した場合は、原則的に返品不可が基本です。

ただし明らかに、部品の初期不良の場合に関しては、無料で交換に応じてくれるでしょう。

では、iPhone修理にかかる相場料金が分かったところで、
次はiPhoneを買い換えるといくら料金がかかるのか紹介していきます。

iPhoneの新機種の場合は、10万円程度の本体価格がかかります。
しかし携帯キャリアで購入すると、いろんな割引が発生した結果、3~4万円程度で購入する事が可能です。
割引適用の条件などは、携帯キャリアによって異なるため、事前に確認して下さい。

そして実はiPhoneは、SIMフリー版も販売されています。
格安スマホだから、本体価格もお得なの?
そう思う人もいるかもしれませんが、格安なのは基本料金で、
iPhoneの本体価格がお得になる訳ではありません。携帯キャリアのような割引も発生しないため、9~10万円程度での購入となります。

修理料金とiPhoneの買い替え時にかかる本体価格を比較して、
自分の場合は、どちらがお得になるかで判断するといいでしょう。