iPhone修理の3つの方法

iPhone修理をしてもらう場合、修理の出し方は、大きく分類すると3つの方法があります。
3つの方法とは、店頭修理、郵送修理、出張修理です。
では、それぞれの方法について紹介していきます。

まず正規店では、出張修理は行っていないので、店頭修理と郵送修理から選ぶ事になります。
店頭修理の場合は、事前にサイトから予約を行う必要があり、予約にはApple IDが必要となります。
なので、いざという時のために購入時に、Apple IDは、なくさないようにして下さい。

正規店が自宅の近くに存在しないという場合は、郵送修理が便利です。
郵送修理を利用するのは、不安という場合でも、正規店なら安心感がありますよね。
しかし郵送なので、1週間程度修理が完了するまでに、時間がかかってしまいます。

ちなみに、iPhone修理が即日で治らない場合、代替機を借りる事は可能なのでしょうか?
Apple Storeの場合は、代替機の在庫があれば、借りる事が可能です。
正規店の場合は、無償修理の場合は、代替機を借りる事が可能となっています。

無償修理に該当するケースとは、iPhoneの保証期間内で、
画面割れや水濡れなどの損傷がないのに、故障した場合です。

また正規店で代替機が借りられない場合でも、携帯キャリアで代替機が借りられる可能性があります。
代替機を借りなくても、同じキャリアで機種変更する前に
使っていたiPhoneが手元に残っている場合は、その旧iPhoneを修理期間中に使用する事も可能です。
SIMカードを入れ替えれば、旧iPhoneでネットも電話も利用する事が出来ます。

実は、AppleCare+に加入している場合は、
iPhoneエクスプレス交換サービスを利用する事が可能です。
故障したiPhoneと同じ新品の機種と交換してもらえるサービスです。
このサービスに申込みをすると、交換機が宅配便で届き、その時に故障したiPhoneを渡します。
気になる料金は、なんと保証対象内の故障であれば、無料で新品と交換してもらう事が可能です。

なので、保証対象内であれば、郵送修理を利用して代替機を使用するよりも、
iPhoneエクスプレス交換サービスを利用した方がより利便性が高く、しかもお得だと言えるのではないでしょうか?

iPhoneのガラス破損や故障に即日対応可能なリペア本舗横浜店 http://repairhonpo.com/shoplist/yokohama/

非正規店の場合は、店舗によって店頭修理、郵送修理、出張修理の中から選ぶ事が可能です。
出張修理専門店であれば、店舗を持たない事で経費削減をする事が出来るので、出張費は発生しません。
店頭修理と同額程度で修理を行ってくれます。

出張修理は、簡単な修理であれば、その場で治してくれますが、
水没などの時間がかかる修理であれば、iPhoneを持ち帰って修理を行います。

iPhone修理料金とiPhoneの本体価格

iPhoneを買い換えると言っても、決して安い買い物ではありませんよね。
修理をした方が安くつくのか、買い換えた方が安くつくのかは、ケースバイケースです。
そしてiPhone修理では、修理する方法によっても、修理料金が変わってきます。

なので、iPhone修理の料金について紹介します。
まずiPhone修理の料金は、あなたが所有している機種によっても異なってきます。

そのためiPhone6を所有しているケースで、修理料金を紹介していきます。
故障内容がフロントガラスの割れの場合、AppleCare+に加入していて、
正規店で修理する場合は、修理料金に7800円、初期登録料に12800円かかるので、総額は20600円かかります。

非正規店の場合だと、15000円程度、自分で部品を購入して自己修理する場合であれば、10000円前後となります。

次にバッテリー交換の場合は、正規店でAppleCare+に加入している場合は、修理料金は無料です。
非正規店だと6000~7000円程度、自己修理だと4000円前後となります。

もっともiPhone修理で、料金が高くなるのは水没修理です。
そして水没の場合は、正規店のAppleCare+では、保証の対象外となってしまうため修理料金が割高になってしまいます。
そのため3~4万円程度かかる可能性があり、使用年数によっては、買い換えた方がお得になるかもしれません。

非正規店だと1万円前後、そして水没の場合は自己修理が出来ないと考えておいた方がいいでしょう。

ちなみにアフターフォローサービスに関しては、
正規店の場合は最低でも、修理後90日間は無料で再修理に応じてくれます。
非正規店の場合は、店舗によって保証期間は異なります。
ですが正規店と同様に、90日以内は無料で再修理に応じてくれる店舗がほとんどです。

自己修理の場合は、当然全て自己責任です。
修理前よりもiPhoneの調子が悪くなったとしても、何の保証もありません。
修理のために取り寄せた部品に関しても、一度使用した場合は、原則的に返品不可が基本です。

ただし明らかに、部品の初期不良の場合に関しては、無料で交換に応じてくれるでしょう。

では、iPhone修理にかかる相場料金が分かったところで、
次はiPhoneを買い換えるといくら料金がかかるのか紹介していきます。

iPhoneの新機種の場合は、10万円程度の本体価格がかかります。
しかし携帯キャリアで購入すると、いろんな割引が発生した結果、3~4万円程度で購入する事が可能です。
割引適用の条件などは、携帯キャリアによって異なるため、事前に確認して下さい。

そして実はiPhoneは、SIMフリー版も販売されています。
格安スマホだから、本体価格もお得なの?
そう思う人もいるかもしれませんが、格安なのは基本料金で、
iPhoneの本体価格がお得になる訳ではありません。携帯キャリアのような割引も発生しないため、9~10万円程度での購入となります。

修理料金とiPhoneの買い替え時にかかる本体価格を比較して、
自分の場合は、どちらがお得になるかで判断するといいでしょう。